グループウェアについて

by author



かつては自分の会社のネットワークの中で限定されたオンプレミス型のグループウェアが主流となっていましたが、近頃はクラウドを使うことが多くなってきています。


自分の会社に合っているグループウェアを選定するのには、まず自分の会社の業務内容を分析する必要があります。

このリクナビNEXT JOURNALを是非ご利用ください。

メールをやり取りする機会が多い業務なのか、グループチャットでやり取りする機会が多い業務内容なのか、上司がトップダウンで一方向に情報が伝達される掲示板型で情報を共有する機会が多い業務内容なのかは、業務形態や組織の体制により情報を伝える方法は違ってきます。

自分の会社の情報をやり取りする方法を見極める必要があります。

グループウェアを選出するときに、注意する必要があるのが、スケジュールを管理する機能やメールの機能などといった独立している機能を評価するだけでなく、それぞれの機能が連携されている効率の良い情報共有を実現することによって、会社全体の生産性が上がる情報共通ツールとして総合的に評価する必要があります。
総合的に評価するためには、自分の会社内の情報が集約されているかどうかや、情報が効率的に活用できるための仕組み作りや、日頃の使い勝手の良いインターフェースなどについても評価をする必要があります。



グループウェアを導入することにより、自分の会社内の情報のやり取りが活性化されるために、インターフェイスなど自分の会社に合うグループウェアを選ぶ必要があります。